さわだ行政書士事務所-不動産

農地介在山林・農地介在原野って何?隠れ農地にご注意を!

登記簿の地目は「山林」や「原野」でも、固定資産課税証明書には「農地介在△△」として記載されている場合があります。この課税(現況)の地目に田や畑を含む記載があれば、確認をすべきです。

公図がダメなら地番図で!不動産情報を調べる手掛かりになります

今回は、不動産を調べるときに役立つお話しです。 少し専門的ですが、お付き合いください。 法務局で発行される不動産の登記簿(登記事項証明書)には、所有者のほか地目、面積、抵当権などの情報が記載されていますよね。 不動産の相続や売買・贈与、住宅ロ…

土地のうち、一部の面積(範囲)に限って賃貸借や売買することは可能なの?

土地の所有者として注意すべきことは? 表題の件は、結論から言えば、土地のうち、一部の面積(範囲)に限って、その部分を賃貸借することは可能です。 また、1つの土地を分筆せずに、その土地の一部を売買することも可能とされています。 あくまで契約の対…

その土地は道路を含むの?含まないの?登記簿と実際の宅地面積にズレがある場合も!?

宅地の実際の面積が、登記簿に記載された面積とイコールではないかもしれない!? 一般的に家が建っている土地の場合、普通はイコールであるはずです。 でも希に、家の建っている敷地の面積が、登記簿の土地の面積と違っている(ズレている)場合があるので…

住宅で中古物件を探すポイントは!?公的制度の対象となる築年数までが目安!

新築もいいけど中古を検討する価値あり! 中古物件も住宅選びの選択肢とすべきというのが、前回の私のブログのテーマでした。 では今回は、具体的にどんな中古物件を探すべきか、見て行きましょう! 中古物件は、千差万別、星の数ほどありますから。 どこに…

住宅の購入で優先すべきことは?将来的に考えるなら中古物件は有力な選択肢!

「新築神話」で選択肢を排除していませんか? 家を建てるなら、もちろん新築がいいですよね。 日本の場合、家を買う=新築という概念が強くあるようにも思いますし。 真新しい家に住むのは、大きな達成感があり、喜びですよね。 また、新築なら「家を建てた…

災害で家の前の道に被害が発生! 私道負担の責任とは?

公衆用道路について 皆さんの家は必ず、道路に面しています。 それは、建築基準法によって、必ず道路に接していなければ、家を建てることはできないからです。 「私の家、道路に面してないよ。道路と家の間には、お隣さんの家が建ってるよ。」とおっしゃる人…

【不動産売買】登記簿に「譲渡担保」の記載があれば要注意! 購入前に気を付けること

譲渡担保について さて今日も不動産の話で、昨日のブログで例としていた登記簿の「譲渡担保」について、です。 不動産の登記簿の登記原因の欄に、「譲渡担保」と記載のある物件は、購入される際には要注意ですよ、とお伝えしました。 そもそも、譲渡担保とは…

【不動産売買】登記簿に記載されている事項が全て 真実は違っても主張できない!?

全部事項証明書 土地・建物の登記の全部事項証明書って、見たことありますか? いわゆる登記簿謄本のことですが、今日は「登記簿」としておきます。 この呼び名の方が分かりやすいでしょ。馴染みも深いと思います。 土地または建物について、その持ち主(所…

家を建てるには、その土地の権限は賃貸とするのか売買とするのか、どっちが有利?

不動産のお話です。 土地の権限について 家を建てるには、その土地の権限は賃貸と売買、どっちが有利だと思いますか? あなたが家(一戸建て)を買う場合、普通は土地と建物を一緒に買いますよね。 でも例えば、親族の土地があるので、そこに家を建てたいと…

不動産の売買は誰に頼むと得なの? 不動産仲介業者がベストとは限らない!?

不動産屋さん選びって重要 だって、選ぶ基準がお金じゃないですもん。 どゆこと?と思われるかも知れません。 不動産屋さんの仲介手数料って、その上限額が法律で決まってるんですよ。 もちろん、値引くのは企業努力ですが、新聞の広告とか見てても、「価格…

休眠抵当権って、何? 不動産の登記簿に、明治や大正時代の抵当権が付いている!!

「休眠抵当権」について 「休眠抵当権」とは、長年にわたり不動産の登記簿に残ったままの抵当権(債権)のことです。 不動産の登記に関することの専門家は司法書士さんですから、制度の本質的で個別のお話は私の立場ではできないので、あくまで個人的な感想…

番地と地番 登記簿に関する疑問を行政書士が分かりやすく解説!

亀岡に法務局、なくなりましたよね。亀岡の場合は出張所でしたけど。 園部まで行かざるを得ないので、とっても不便です。 代わりに亀岡市役所の地下1階に、ATMみたいな自動発行機が設置されたんですが、1台しかないんですよ。 しかも、操作方法が、よく…

借地権について 不動産の権利関係を行政書士が分かりやすく解説!

不動産のこと 財産を相続するって、いいことばかりではないですよね。 マイナスの財産、つまり借金も相続対象ですから、十分に確認してから行わないと、気が付いた時には対処に困ることもあります。 相続で問題になることは、不動産に関することも多いと思い…

障害者施設の家賃について

家賃のこと 今日は障がい者で施設に入所され、生活保護を受給されている方についてのお話です。 健常者であっても障がい者であっても収入などで対象となれば生活保護費が支給されます。 このなかで、障害者総合支援法に基づく障害福祉サービスを実施している…

遊休している不動産の有効活用の方法を行政書士が解説します!

不動産のこと 不動産が遊休していませんか? 今日は、京都における不動産の有効活用について、お話をします。 synce-office.hatenablog.com 不動産のことは、誰に相談するのかが重要 テレビや広告では、「遊んでいる土地に賃貸住宅を建設すれば、小規模宅地…